1台目バイクのカスタム記録―その3

はじめましての方がほとんどだと思いますが、今日もよろしくお願いします。Mです。

今回は1代目ロードバイクのカスタム記録の5ヶ月目までをご紹介します。

——————————
購入から3ヶ月目までの厳選した安物買いから、5ヶ月目にはついに走りを良くするグレードアップへと手を伸ばすことに···
——————————

皆さまは、最初のグレードアップのアイテム・パーツは何でしょうか?

これまでは、消耗品や必須アイテム中心の購入でしたが、5ヶ月目でついに走りを良くするパーツを購入することに。

3ヶ月目までの「1台目バイクのカスタム記録」は↓
※ 1台目バイクのカスタム記録―その1
※ 1台目バイクのカスタム記録―その2
ぜひ、合わせてお読みください。

ちなみにここまでのロードバイクの様子はコチラ↓

◾TWITTER HUNTER(アルミ)

・ST-2400(claris)
・FD-3000(sora)
・RD-2400(claris)
・クランク、ブレーキ、ホイールはノーブランド
・フラットペダル

月30,000円のお小遣いを貯めて購入してからまだ3か月(2018年8月当時)。
買った時のままの状態でございます。

ロードバイクに乗り始めて3ヶ月。
毎週末の土日のライド(約35km・1時間半)にも慣れ、約70kmのロングライドも数回経験しました。

そんなぼくが次に求めた刺激は、「より早く走りたい!」でした。
サイコンをつけて、ケイデンスを90キープして時速30kmを目安に走れるようになりつつあるものの、それはまだまだ簡単なことではありません。

最大の原因は「体力がないこと」なのですが、それは言わないお約束。
そこには目をつぶり、道具に解決策を求めちゃいます。

ホイールを購入したい!

手っ取り早く走れるようになるパーツを調べると、最も効果が高いのは「ホイール」ということが分かります。

完成車についているホイールは「2,000g」くらいで、これを「1,500g」くらいのホイールに変えると軽量化により、
・ペダルが軽くなり、進みがよくなる
・ギア1枚分は違う
・出足が良くなる
といった状態になるらしい、と。

こりゃ、すごい!と思い、すぐさま初心者のグレードアップに最適と言われている「カンパニョーロZONDA」や「フルクラムレーシング3」などを調べます。



最も大切な価格は、ホイール前後で40,000~50,000円はします。

ちなみにロードバイクではなく、車のホイールは、16インチのアルミホイールでタイヤ付きでも4本で60,000円くらいで購入したことがあるので「ロードバイクのホイールなら2本だろうし、そんなにしないだろう」なんて思っていましたが、あまりの値段の高さに愕然とします。

その上、何を隠そう「月30,000円のお小遣い」。
無理だ。
とてもじゃないけど、購入できません。

よって、ホイールは諦めます。

ホイールではなくても、走りが早くなるパーツを探し、辿り着いた答えがコチラ!

見出し 4~5ヶ月目に購入したアイテムを一挙に公開しちゃいます!

ホイールを諦め、早く走るために選んだパーツは、ビンディングペダルでした。

ビンディングペダルの存在を初めて知ったのは、漫画「弱虫ペダル」です。
主人公の坂道くんが地獄の1,000㎞合宿でインハイメンバーをかけて争った努力家の手嶋くんから渡されたのがこのビンディングペダルです。

「前に漕ぐ力だけでなく、引き脚の力も推進力に変えられる」と知り、なるほど!と感心した記憶があります。

それを導入しようではないか、と思い立ちます。
幸いなことに、このタイミングでぼくの誕生日があり、毎年の自分の誕生日には妻のご両親からお小遣いのプレゼント(諭吉さん1枚)をいただいています。ありがたやー。
その臨時収入を元手に、ビンディングペダルを購入しようという手筈です。

その後、ビンディングペダルには「SPD」と「SPD-SL」タイプの2種類があることを知り、どうせなら、とよりレーシングタイプに近い「SPD-SL」タイプを購入することに。

いざ、ビンディングペダルを導入するといっても、同時に専用シューズも購入する必要があります。
2つ購入するとなると、かなりのお値段です。

でも、そこは「月30,000円のお小遣い」。
よって、購入するモデルに関しては、自動的に最も安いものとなります。

調べてみると、SHIMANOのモデルが種類も多く、値段も安いですし、初心者のビンディングペダルデビューにはピッタリな感じだったのでSHIMANOのモデルに決定。

実際に購入したモデルはコチラ♪

・ペダル PD-R540-LA

今はもう生産終了しているっぽいですね…

今はより高性能で同価格のグレードアップ版が登場↓

SHIMANOさんはコレをオススメしているようです!

↑これが欲しかったでございます。

・シューズ RP-1

【SHIMANO】(シマノ)RP1(SH-RP100) ブラック ロードシューズ(自転車) RP-1

価格:7,700円
(2019/12/19 23:47時点)
感想(1件)

(↑は楽天市場)

はい、今回も最安モデルです。

ですが、さすが世界のSHIMANOです。

この2つは購入から1年以上経ち、5,000㎞以上を超えた今も何の問題もなく、今も現役バリバリで活躍してくれています。

【事実】ビンディングペダル・シューズのメリット

このビンディングペダルとシューズを手に入れてからは、巡航とヒルクライムが非常にラクになり、ロードバイクがより好きになりました。
ビンディングペダルの効果、恐るべき、です。

あとは、ぼくはミーハーなとこもあるので、
信号からのリスタートの際、ペダルを見ずに
パチン!
とはめるシーンは、我ながらカッコイイんじゃないの、とか思っちゃいます。

はい、ヘナチョコ脚ですが、何か問題でも?(爆)

このビンディングペダルとシューズを手に入れてからは走るのがさらに楽しくなり、初めてのヒルクライムにも挑戦し、宮ケ瀬ダムも登りましたね。

非常にいい景色で、これもまた思い出がいっぱいのライドです。
ですが、それはまた別の話。

そして、その後もロードバイクには乗り続け、5か月目の終わり頃には、季節も移ろい、すっかり寒い季節になりつつありました。

ロードバイクには1年中乗りたい!という気持ちが強かったので、冬場でもロードバイクを楽しめるように、冬用のウェアを購入したところで、5か月目までのパーツアイテム購入は終了。

皆様と比べて散財レベルは少ないんですかね?

月30,000円のお小遣いでも、ロードバイクは楽しめるということを知っていただけると幸いです。

(毎日更新がんばります!)

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村

自転車ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です