パーツインプレ―初代サイコンenkeeo

はじめましての方がほとんどだと思いますが、今日もよろしくお願いします。Mです。

今日は久しぶりのパーツインプレです。
月30,000円のお小遣いでも購入できる「安くていいもの」を個人的な思い出とセットで紹介するこの企画。

——————————
ロードバイクを購入してから1ヶ月後の2018年7月から1年以上に渡って使用したサイコンの実力をホンネでぶった切り…
——————————

ロードバイクのアイテムって高いですよね?
月30,000円のお小遣いのぼくでも購入できて、本当に良かったものを紹介するこのコーナーの2回目です。
(パーツインプレの1回目はコチラ!)

サイクルコンピュータは何を使ってますか?

2018年6月にロードバイクを購入してから、週末の土日に乗り続けていたある日、サイクルコンピュータの存在を知ります。

自分はどのくらいのスピードで走ってるのかな?
ケイデンス90以上で走ると疲れにくい? 痩せる?

などの情報をWEBで知り、興味津々に。

くわえて、ぼくは「メカ」好きです。
小学生の時に乗っていた自転車にもスピードメーターを付けたかったし、独身時代に乗っていた単車や車もコックピットのメカメカしい感じが大好きでした。

いろいろと調べると、GARMINやBrytonやCATEYEやLEZYNEなどなど機能的で魅力的なサイコンが世の中にはたくさんあってもう頭がおかしくなりそうです。
欲しい!

しかし、そこは月30,000円のお小遣い。
サイコン本体の価格は20,000~30,000円がボリュームゾーンでとてもじゃないが買えません。
エントリーモデルでも10,000円はします。

これはムリだ・・・
すぐに気づきますが、ロードバイクもそんな状況から手に入れたので、もっと安くてそれなりに使えるものがきっとある!
そう信じて探します。

3,000円以下で買えるサイコンみっけ!

amazonさんを探すと、中国製のサイクルコンピューターはかなりの数があり、安いものでは500円ほどのモデルも発見できるほど。
どれにすればいい、迷ってしまいます。


そこで、自分の中で条件を設定し、絞り込むことに。
◾3,000円以下で買えること
◾ケイデンスが計測できる
◾見た目は大切だからワイヤレス

この3つを満たすものを探します。

すると、かなり絞られます。その中から選ぶことに。

コスパ最高のenkeeoサイコンを導入!

ぼくはamazonさんで購入しました!

ぼくのひと月に使えるロードバイク費用の目安3,000円に余裕でおさまり、おつりが来ちゃいます。
(amazon prime会員でなくても価格的に送料無料!)
今は売り切れなのかな? やっぱり人気だ(爆)

ちなみにブランド名は違うが、これも「中身は同じ」という情報をWEBではたくさん見かけます。

ぼくが買ったenkeeoの上位グレードが出てますね!
これの方がいいですね!充電式で大画面!
約3,000円のNO.1はコレかも。当時、コレがあれば・・・

というわけで話を戻します。
ケイデンスセンサーがついて、ワイヤレスでこんなにコスパがいいモデルがあるなんて、と感動です。

ちなみにこのサイコンを使い込んで、ここまで紹介するのはぼくしかいないと勝手に自負。では、どうぞ。

購入後は早速、セットでございます。
身長・体重・タイヤサイズ・時間など、基本的な情報を入力し、スピードセンサー&ケイデンスセンサーとも難なくペアリングに成功。

ロードバイクに取り付けの際に少し工夫しました。
◾インシュロックは100均で購入
◾センサー磁石も100均で書い足し

以上、200円で念には念をの準備をしました。

センサーをチェーンステーに取り付けるのですが、付属のインシュロック(結束バンド)が弱いかも、というレビューを参考に購入。
100均のものはしっかりしており、安心感アップ、

また、センサーと磁石のスキマ調整が大事なので、こちらも用意。
ダイソーにすごい強力なボタン磁石があるので、そちらをチョイス。

取り付けとセットアップのためのyoutube動画もあり、コチラも参考になりました!
(youtubeのセットアップ動画はコチラ)

というわけで、スムーズに装着が完了!


シンプルだけど、使いやすいぞ!

お気に入り1
生活防水になっていて、雨でも安心!

基本、雨の日は乗らないですが、ライド途中で雨に降られる経験を何度もしましたが、きちんと作動していました。

お気に入り2
シンプルで見やすい!

当時のぼくは心拍計など持ってませんし、勾配の角度などが気になるようなライドもしてません。
よって、ケイデンスと速度に集中でき、2つが大きく表示されるのは見やすくて良かったです。

おかげでケイデンス90キープを常に意識することに集中でき、身体に染み付きました。
また、30km巡航の状態で体調の良さや風の強さを感じることもできるように。

お気に入り3
故障しないで丈夫!

機能を絞っており、シンプルなため、故障しにくいと思います。約5,000kmを全く故障なく、一緒に走ってくれました。

他にも、いいところをご紹介!

走り終わると、ライドの平均速度を出してくれる!

総走行距離ももちろんわかる!

夜はライトで画面が見やすい!

そして、何よりこのサイコンを手に入れてからは、1人で走る寂しさが少しだけですが、減りましたね。
実のところ、ぼくは誰かと一緒にライドをしたことがありません(爆)
いつもボッチサイクリストですが、何か問題でも?

すいません、つい感情的になってしまいました。
話を戻します。

今までの景色を見ながら走る、だけのライドから「ケイデンスを意識して、速度を意識して走る」楽しさが加わりました。
それだけでロードバイクがより楽しくなりました。

その後、このサイコンは2019年10月にサイコンのグレードアップのため、無事に引退となりました。

ブライトンBryton rider420Eを購入して、それはそれで大満足なのですが、このenkeeoのサイコンはお気に入りで、今も手元に残しています。
息子の自転車に付けようかな。

これからロードバイクを始める方や、コスパ重視でサイコンを用意したい人には、ぼくが自信をもってオススメします。

というわけで、長くなりましたので本日はここまで。
今日もベテランローディの皆様にはお役に立てない内容ですが、これからもよろしくどうぞ。

(毎日更新がんばります!)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です